人気ブログランキング |

個人の輪から広がるネットワーク作りを目標に、横浜で活動するアート・コレクティブです。
様々なきっかけで私たちと繋がりを持った人を対象に、月に一度自宅を開放し美と食のある交流の場を提案しています。
Voin Pahoin is an art collective dedicated to fostering a community.
We open our flat to the public on the fourth Saturday of every month
- transforming it into a makeshift art salon.
Top




October vol.2, 2008
October 18 27, 2008
山本篤
Atsushi Yamamoto


f0148545_1914059.jpg

2008年10 月12 日に山本篤さんによる撮影会が行われ、「黄金町バザール会場内全域を参加者84 名がバトンリレーで繋ぐ」という作品が完成しました。VPでは、山本さんと参加者のみなさまと祝杯をあげる会を催しました。本作品は11月30日まで黄金町バザールで上映中です。ぜひ、黄金町に足をお運び下さい。


山本篤さんからの言葉

この作品を思いついたきっかけは、この「黄金町バザール」の中でいきいきと働く黄金町バザールスタッフ・サポーターの皆さんの姿を間近に見たことでした。

変わりゆく町に点在する会場を、シフトをきっちり組んで皆で運営して行く在り方そのものが「リレー走」のように思えたのです。

何度か足を運ぶうち、「黄金町バザール」というムーヴメント、そこに関わる人達や会場でもある「今」を記録する必要性を感じました。撮影に参加する人すべてに、この町で共通の「記憶」をつくれるのではないかと構想を練る中で、「リレー」の走者は運営側や町の人のみならず、黄金町バザール来場者にまで広がりました。
結果、当日は数時間の撮影にもかかわらず、84 人もの方々にご協力いただきました。

今回の映像作品では、この「リレー走」を繰り返し上映し、ずっとバトンを繋いで走り続けるように編集しています。これは、どこから見始めても、今この瞬間にも走り続ける黄金町バザールの姿を想起してもらえるように、また「人の思いや動きに終わりはない」というメッセージを含んでいます。普通の「リレー競争」にゴールはありますが、常に変化し続ける町の姿にゴールは存在しません。

この作品が、ご来場者を初め、プロジェクトに関わるすべての方々を少しでも勇気づけ、そしてもっと多くの人にとっても、初黄・日ノ出町を巡る動きへの興味につながればと考えています。


f0148545_2135182.jpg


f0148545_2136470.jpg

f0148545_13391119.jpg

f0148545_13412081.jpg

by voinpahoin | 2008-10-17 20:04 | Archive
<< October vol.3, ...  Previous Page Next Page  September, 2008 >>



We love you.
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31