人気ブログランキング |

個人の輪から広がるネットワーク作りを目標に、横浜で活動するアート・コレクティブです。
様々なきっかけで私たちと繋がりを持った人を対象に、月に一度自宅を開放し美と食のある交流の場を提案しています。
Voin Pahoin is an art collective dedicated to fostering a community.
We open our flat to the public on the fourth Saturday of every month
- transforming it into a makeshift art salon.
Top




<   2007年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧




December, 2007
December 24, 2007
「釜をめぐる思い出」報告会
Report on "Memory of a Pot"

f0148545_2364662.jpg
special screening by Daisuke Mizushima




私たちヴォイン・パホインは茨城県守谷市にあるARCUSさんの協力を得て、「釜をめぐる思い出」と題するプロジェクトを行っています。現在はARCUS、また守谷市の生涯学習センターとして利用されている古い小学校の校舎に大きなお釜が眠っていました。2007年9月にこのお釜との出会いを果たしたヴォイン・パホインは、11月10日にこのお釜で地元のお米を炊くという目標をたて準備を始めました。まずお釜の錆を落とすことから始まり、お釜に関する情報を持っている方とのインタビュー、大釜での炊飯の方
法、地元で収穫される野菜の調査を重ね、本番当日多くの方と、このお釜のご飯を味わうことができました。

12月の定例ヴォイン・パホインで報告を行いました。守谷からはARCUSの中村さん、今期のレジデンス・アーティストDonald Abaddさん、野菜とお米をご提供頂いた飯田さんもかけつけて下さいました。

「釜をめぐる思い出」はこちらをご覧ください。


At the year-end wrap up Voin Pahoin, we reported our on-going project at ARCUS studios in Ibaraki, titled "Memory of a Pot." This project began in September 2007 when we found a rusty pot in the storage of a disused elementary school building, which is today home of ARCUS and Moriya Lifelong Learning Center. We decided to cook rice in this pot. We cleaned the pot, went to meet the locals to learn the history of the pot, researched how to cook rice in a big pot, and received donation of locally grown rice and vegetables. Finally on November 10, we were able share the rice with many warm-hearted people.

For the presentation at Voin Pahoin, we had special guests: Mr. Nakamura from ARCUS, Donald Abadd, artist in residence at ARCUS, Ms. Iida who kindly gave us delicious vegetables and rice.


For further information about "Memory of a Pot," please click here!

f0148545_13241833.jpg

ⓒ Takashi Arai

by voinpahoin | 2007-12-14 00:28
 Previous Page Next Page 



We love you.
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31