人気ブログランキング |

個人の輪から広がるネットワーク作りを目標に、横浜で活動するアート・コレクティブです。
様々なきっかけで私たちと繋がりを持った人を対象に、月に一度自宅を開放し美と食のある交流の場を提案しています。
Voin Pahoin is an art collective dedicated to fostering a community.
We open our flat to the public on the fourth Saturday of every month
- transforming it into a makeshift art salon.
Top




August, 2008
August 30, 2008
山野真悟が選ぶ『この一本』
Shingo Yamano's pick of the best B-movies

f0148545_1741399.jpg



黄金町出張第3弾では、キュレイターの山野真悟さんをお迎えし、
B級映画についてのレクチャーと、山野さんオススメの一本「荒野の用心棒」の上映会を開催しました。
本作品は、「作ったときにはB級だったのに、歴史に名を残してしまった」というビギナーにもってこいの作品だそうです。
また、ヴォイン初の試みとして、参加者みなさまに「私の一品」をお持ち頂き、いつものヴォイン・パホインとは一味違うテイストの一夜となりました。

For the 3rd installment of Voin Pahoin in Koganecho, we invited a curator, Shingo Yamano as the guest of the month.
He gave a lecture on B-movies and screened "Per un pungno di dollari." According to Mr. Yamano, this movie was originally made as a B-movie, but it ended up leaving its name in movie history. It's a perfect introduction to the world of B-movie."
Everyone brought food and drink to share. It was a such a relaxing night.



山野真悟とB級映画 Shingo Yamano and B-Movie 
 
f0148545_17432554.jpg幼少の頃はSFマニア。こつこつとフィギュアを集めていたが、次第にマカロニウェスタンのサウンドトラック、そしてDVDへとコレクションは広がっていた。そんなとき「もっとひどい映画」があることに気づく。以前は手に入らなかった映画も廉価版で入手し、現在、約100本のB級映画をコレクションしている。B級映画のリサーチは一日たりとも欠かしたことがない。


As a child he was a big fan of SF movies. His collection began with SF dolls, and stretched out to soundtracks and DVD's of Macaroni Western. One day he found "even worse movies." Today, his collection houses over 100 B-movies. While he is having no day offs at the Koganecho Bazaar, he never slacks off the search for B-movies.





f0148545_18101535.jpg


f0148545_18102572.jpg


f0148545_18122466.jpg

# by voinpahoin | 2008-09-22 16:21 | Archive




July, 2008
July 26, 2008
本間純
Jun Honma


f0148545_222627.jpg


黄金町出張第2弾ではルームジャッカーに本間純さんをお迎えしました。2008年秋開催の黄金町バザールに向けて制作中の大岡川をテーマとするプロジェクトと、これまで、そして、これからのお仕事について、本間さんにじっくり語っていただきました。お集り頂いた黄金町の地域のみなさま、ヴォインのお友達、バザールのサポーターさん、ありがとうございました。

We were very happy to have an artist, Jun Honma as the guest artist of VP vol.2 in Koganecho. His slide presentation took us through his work - from his earlier projects to a work in progress with the theme of the Ooka River running through the town of Koganecho. People from the local community, friends of Voin Pahoin and supporters of the Koganecho Bazaar got together to share the night with Jun Honma.

本間純 Jun Honma 
 
f0148545_22524040.jpg作品が置かれる背景をテーマとする作品を手がけている。2000年より越後妻有トリエンナーレに参加、2008年秋には、黄金町バザールとAOBA + ARTにて作品を発表する。
He has been creating works, incorporating the context of the place where his works are located. Since 2000, he's been participating in the Echigo-Tsumari Art Triennale, and in the fall of 2008, he is presenting new bodies of work at the Koganecho Bazaar and AOBA + ART.

Jun Honma

AOBA + ART

Koganecho Bazaar






f0148545_2334783.jpg


f0148545_23342144.jpg


f0148545_23343744.jpg

# by voinpahoin | 2008-07-14 09:48 | Archive




June, 2008
June 21, 2008
バウミミ
Baumimi


f0148545_1028245.jpg


ヴォイン・パホイン黄金町出張の第1弾では、ゲストにバウミミ先生をお迎えしました。ヴォイン・パホインのお友達、黄金町バザールのサポーターのみなさま、そして地元の方が集い、笑いの絶えない一夜となりました。バウミミのワークショップ「四コマ漫画を描くぞ!!」は、参加者全員が、作品発表をしたくなる雰囲気を作り出す、とても素敵なワークショップでした。

For the first installment of Voin Pahoin in Koganecho, we invited an artist unit Baumimi as the guest artist. VP's friends, supporters of Koganecho Bazaar and people from the local communities got together to participate in Baumimi's workshop "let's draw four-frame comic strips!!." Baumimi set up fun and relaxed atmosphere, where every participant felt like being an artist.



バウミミ Baumimi
 
f0148545_1144898.jpg

2006年結成の四コママンガユニット。特製四コマ特訓シートを使い、ライブ感たっぷりのワークショップを各地で開催。

Baumimi: Artist unit formed in 2006. Their popular workshop, "four-frame comic strip," is traveling to many cities in Japan. www.baumimi.com


Members:飯川雄大 Takhiro Iikawa (b.1980) 神戸在住アーティスト artist based in Kobe http://www.bauzubauzu.com /
浜本大輔 Daisuke Hamamoto (b.1980) 京都在住グラフィックデザイナー・漫画家 graphic designer and comic book writer based in Kyoto http://www.bauzubauzu.com / 村井美々 Mimi Murai (b.1980) 大阪在住アニメーション作家 animation artist based in Osaka http://blog.goo.ne.jp/muraimimi




◇バウミミ四コマ四原則
一. 起承転結ってなんだっけ!
二. 他人のキャラは真似ちゃだめ!
三. 四コマ目は人任せ!
四. オチなんて気にすんな!



f0148545_11105615.jpg


f0148545_1111658.jpg


f0148545_11111377.jpg

# by voinpahoin | 2008-06-10 19:53 | Archive




May 24
May 24, 2008
荒神明香
Haruka Kojin


f0148545_19124721.jpg


親愛なるみなさまから、たくさんの愛をもらって
おかげさまでヴォイン・パホインは2008年5月に一周年を迎えました→(< >)
この記念すべき日に、アーティストの荒神明香さんをお迎えできたことは
ヴォインにとって、とってもスペシャルなことでした。
私たちがこの場所と出会ったときに、荒神さんとも出会いました。
ここで、一緒にご飯を食べて、寝て、同じ職場に通って、たくさんの時間を一緒に過ごしました。
今は、会う機会がへってしまった荒神さんに
こうしてたくさんのヴォイン・フレンズと再会できて、本当にハッピーなヴォインでした。


荒神明香 Haruka Kojin
 
f0148545_1929129.jpgVPでは:一冊のポートフォリオを展示。午後9時よりブラジルで開催された『When Lives Become Forms』展のレポートを行う。







f0148545_19333225.jpg

f0148545_19331543.jpg

f0148545_19332436.jpg

# by voinpahoin | 2008-05-31 19:07 | Archive




April, 2008
April 26, 2008
Philippe Laleu
フィリップ・ラルー

f0148545_18581586.jpg


©Philippe Laleu


4月のヴォイン・パホインはルームジャッカーにフィリップ・ラルーさんをお迎えしました。横浜日仏学園のディレクターもつとめる多忙なラルーさんとのタイミングが合い、夢のセッションが実現しました。
ラルー宅でご馳走になったフィリップ風タイカレーの味が忘れられず、当日はフィリップ・レシピのカレーを作りました。

We invited a French artist, Philippe Laleu as the guest of the month.
It took us a while to get the right timing to work with Mr. Laleu, who also works as the director of French Institute in Yokohama. But in this month, our dream plan came true!
Philippe's Thai curry that we had at his home so delicious that made us decide to cook it for his show at Voin Pahoin.


Philippe Laleu フィリップ・ラルー
 
f0148545_1858449.jpgVPでは:自宅であるVPのコンテキストを利用し、自伝的な写真のインスタレーション《private location / a piece of world》を発表。またタイ滞在中に制作した映像作品《ce couple est une monstre (this couple is a monster)》を上映。午後8時よりミニトークを開催。At VP: introduced a video work that he created during his stay in
Thailand: "ce couple est une montre (this couple is a monster)" as well as a photo installation, "private location / a piece of world."

selected solo exhibitions (since 1998)

2005
- Ses doigts bruns élégants, His elegant brown fingers, Bangkok University Art gallery, Bangkok, Rangsit, Thailand. (curator Ark Fongsmut).

2002
- Ordinary Fictions by Philippe Laleu, part of "The 4th French Spring in Manila", Alliance Francaise, Manila, Philippines.

2001
- Philippe Laleu for "Origins", Tadu contemporary art, Bangkok, Thailand.
- Private location,BizArt gallery, Shanghai, China / Guangdong Art Museum, Canton, China, (curator Monica Dematte).

2000
- Voyage a Maebashi, Space contemporary, Bangkok.

1999
- Ordinary Fictions, Numthong Gallery, Bangkok.

1998-
- Ordinary Fictions, Plastique Kinetic Worms Gallery, Singapore, (curator Yvonne Lee).
- Just (my ) fictions, Pekao Gallery, Toronto, Canada.
- A piece of world, Bangkok,
- About Studio, Bangkok.
- Tadu contemporary art, (external wall), Bangkok.
- Un mundo habitable, Fucares Galleries, Madrid and Almagro, Spain.

f0148545_1932759.jpg

f0148545_1934163.jpg

f0148545_1935034.jpg

# by voinpahoin | 2008-04-12 21:26 | Archive




March, 2008
March 22, 2008
梅木隆
Takashi Umeki

f0148545_218405.jpg

©Takashi Umeki
 
3月のヴォイン・パホインはルームジャッカーに梅木隆さんをお迎えしました。
「掃除したいんです」とのお言葉に甘え、展示前に4畳半をお掃除して頂きました。
まさか、ルームジャッカーに掃除機をかけて頂くことになるなんて、
梅木さんの温かい心遣いに感動したヴォイン・パホインでした。


We were pleased to have Takashi Umeki as the guest of the month.
He offered us to clean the room before installing his work.
We never expected our guest to vacuum the apartment!


梅木隆 Takashi Umeki
 
f0148545_21501380.jpgVPでは:身近な人の1日を記録した一連の写真を発表。各人の1日が一冊の本となり、他のアーティストとのコラボレーションにより装丁される。寝室である普段の状態のヴォインの4畳半に、3点を設置した。
At VP: Introduced series of photos, documenting a day in the life of people near him. Each person's day is compiled as a book with a cover that is created in collaboration with other artists. These books were placed among the everyday items in the bedroom.



1977年 福岡県田川市 生まれ

2001年 秋田公立美術工芸短期大学 漆芸専攻 卒業

2002年 金沢市 国際漆展
2002年 作品「family」 (音声作品) 全国各都市に1000枚配布
2003年 大分県 湯布院にて個展
2004年 金沢市 「交感する種」展
2007年 取手アートプロジェクト2007

現在 取手市在住

http://www.umekitakashi.com/
f0148545_2235390.jpg
f0148545_224338.jpg
f0148545_2241420.jpg
f0148545_2242465.jpg

# by voinpahoin | 2008-03-16 19:17 | Archive




February, 2008
February 23, 2008
遅鵬
Chi Peng

f0148545_1212578.jpg

©Chi Peng
 
2月のヴォイン・パホインは、金島隆弘さん率いるFar East Contemporariesとの共催で、
VP初の海外ゲスト、遅鵬(チー・パン)さんをお迎えしました。
遅鵬さんは2月14日に来日、制作のために1ヶ月間横浜に滞在します。
来横を記念し、VPでは歓迎鍋パーティーを行いました。
みぞれ鍋、常夜鍋・水炊きの3種の鍋を囲んで日・中・英語が飛び交う一夜となりました。
遅鵬さんも、当日2時間かけて美味しい豚の煮込みを作ってくれました。


We were pleased to have our first guest from China, Chi Peng.
He arrived in Japan on February 14 and will stay in Yokohama until mid
March to develop a new body of work.
Co-organized by Far East Contemporaries (led by Takahiro Kaneshima),
VP held a hot pot party to welcome Chi Peng.
People enjoyed 3 kinds of hot pot, while communicating in Japanese, Chinese and English.
Chi Peng also spent 2 hours to prepare delicious stewed pork for everyone.

遅鵬 Chi Peng
 
f0148545_1828663.jpgVPでは:VPでは:作品のミニ展示とミニトークを開催:2008年2月23日(土)/ 16:00-19:30 中国茶VP / 19:30-20:00 / 遅鵬さんトーク / 20:00-22:00 歓迎鍋パーティー
At VP: Chi Pen held a small exhibition of his work and mini talk : February 23 (Sat) : 4:00pm-7:30pm Tea Time / 7:30pm-8:00pm Talk by Chi Peng
/ 8:00pm-20:00 Hot Pot Party



1981
Born in Yantai, Shandong Province, China
2001
Entered Central Academy of Fine Arts
2005
Graduated from the Digital Media Department, Central Academy of Fine Arts, Beijing, China

Solo Exhibitions
2007
Trading Pain, Ludwig Museum, Budapest, Hungary
Journey to the West, WHITE SPACE BEIJING, Beijing, China
Monkey King, ALEXANDER OCHS GALLERIES BERLIN |BEIJING, Berlin, Germany
2006
Games of Simulation, Art Seasons, Singapore
Physical Practice, Zhu Qizhan Museum, Shanghai, China
UP, WHITE SPACE BEIJING, Beijing, China
2005
Naked Lunch, Chambers of Fine Art, New York, USA




f0148545_18383691.jpg
f0148545_18384546.jpg
f0148545_18385464.jpg
f0148545_1839237.jpg

# by voinpahoin | 2008-02-15 12:12




January, 2008
January 26, 2008
菅野麻依子
Maiko Sugano

f0148545_22372964.jpg

©Maiko Sugano
 


今月で9回目となったヴォイン・パホインは、ちょっとフライング恵方巻きと具だくさんの豚汁を用意し、アーティストの菅野麻依子さんをルーム・ジャッカーにお迎えしました。「家具というより、今日の家の具」をキーワードに、ヴォインが乗っ取られました。菅野マジックで日常品が使うものから観るものへと姿を変え、無意識のうちに繰り返される日常が、ぎょっとする瞬間でいっぱいになりました。

We invited an artist, Maiko Sugano for the 9th installment of Voin Pahoin. The theme of her one-day VP residence was "ingredients of today's house rather than furniture." She incorporated everyday objects into her artwork, by magically turning daily utensils into objects exclusively for viewing. Our banal life suddenly became life filled with surprises. We hope Maiko and everyone enjoyed our homemade sushi roll and miso soup.


菅野麻依子 Maiko Sugano
 
f0148545_22385184.jpgVPでは:「家具というより、今日の家の具」をテーマに、日常品を利用した作品を発表。寝室の布団が宙に浮かび、「影のための棚」と「ほこりのための棚」が壁に設置され、ベランダの選択物干ピンチハンガーは「暗雲」となる。また、浴槽の氷山、洗面台の髪の毛で描かれた滝、トイレ・タンクの山など、借景を思わせる作品を制作。午後9時半よりドメスティック・アート・プロジェクト四方山荘についてのトークを開催。



At VP: With a theme of“ingredients of today's house rather than furniture," Maiko incorporated everyday objects into her artwork. Futons were flying in the air, new shelves were installed only to put shadow and dust, and clouds of black wool was hung in the balcony. There were also an ice mountain in the bath tab, water falls in the sink and little mountains on the toilet tank, reminding us of the Japanese gardening principle, Shakkei. She also gave a short talk about the domestic art project Yomoyama House, which she runs with 2 other artists.



ディレクター/アーティスト:1974年東京生まれ。1997年東京芸術大学美術学部卒業後、同年にパルコアーバナート#6にて優秀賞を受賞。デザイン会社勤務、世界一周旅行を経て、2000年にカルフォルニア州サンフランシスコに渡米。サンフランシスコファウンデーションとカルフォルニアカレッジ・オブ・アートから奨学金を受ける。2004年にカルフォルニア・カレッジ・オブ・アート(CCA)修士課程修了。2006年東京芸術大学先端芸術表現科教育研究助手就任。現在、日本に拠点を置き、ドメスティックな場所で行うアートとコミュニケーションの研究、制作活動を続ける。四方山荘はこちらをclick!

Director/Artist. Born in Tokyo in 1974. Maiko Sugano graduated from School of Fine Arts at Tokyo National University of Fine Arts & Music in 1997, and in the same year she received the outstanding performance award at Parco ARBUNART 6. After working for a design farm, she embarked on around-the-globe trip, and ended up living in San Francisco in 2000. She was a grantee of San Francisco Foundation's scholarship and California College of Arts. She completed her MFA at California College of Arts in 2004. Since 2006 she has been working as a teaching assistant at the department of Intermedia Art at Tokyo National University of Fine Arts & Music. She is currently researching art and communication in a domestic environment, while continuing her artwork. For Maiko's Yomoyama Project, click here!


f0148545_2239475.jpg
f0148545_22395952.jpg
f0148545_2240929.jpg

# by voinpahoin | 2008-01-19 16:12 | Archive




December, 2007
December 24, 2007
「釜をめぐる思い出」報告会
Report on "Memory of a Pot"

f0148545_2364662.jpg
special screening by Daisuke Mizushima




私たちヴォイン・パホインは茨城県守谷市にあるARCUSさんの協力を得て、「釜をめぐる思い出」と題するプロジェクトを行っています。現在はARCUS、また守谷市の生涯学習センターとして利用されている古い小学校の校舎に大きなお釜が眠っていました。2007年9月にこのお釜との出会いを果たしたヴォイン・パホインは、11月10日にこのお釜で地元のお米を炊くという目標をたて準備を始めました。まずお釜の錆を落とすことから始まり、お釜に関する情報を持っている方とのインタビュー、大釜での炊飯の方
法、地元で収穫される野菜の調査を重ね、本番当日多くの方と、このお釜のご飯を味わうことができました。

12月の定例ヴォイン・パホインで報告を行いました。守谷からはARCUSの中村さん、今期のレジデンス・アーティストDonald Abaddさん、野菜とお米をご提供頂いた飯田さんもかけつけて下さいました。

「釜をめぐる思い出」はこちらをご覧ください。


At the year-end wrap up Voin Pahoin, we reported our on-going project at ARCUS studios in Ibaraki, titled "Memory of a Pot." This project began in September 2007 when we found a rusty pot in the storage of a disused elementary school building, which is today home of ARCUS and Moriya Lifelong Learning Center. We decided to cook rice in this pot. We cleaned the pot, went to meet the locals to learn the history of the pot, researched how to cook rice in a big pot, and received donation of locally grown rice and vegetables. Finally on November 10, we were able share the rice with many warm-hearted people.

For the presentation at Voin Pahoin, we had special guests: Mr. Nakamura from ARCUS, Donald Abadd, artist in residence at ARCUS, Ms. Iida who kindly gave us delicious vegetables and rice.


For further information about "Memory of a Pot," please click here!

f0148545_13241833.jpg

ⓒ Takashi Arai

# by voinpahoin | 2007-12-14 00:28
 Previous Page Next Page 



We love you.
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31