人気ブログランキング |

個人の輪から広がるネットワーク作りを目標に、横浜で活動するアート・コレクティブです。
様々なきっかけで私たちと繋がりを持った人を対象に、月に一度自宅を開放し美と食のある交流の場を提案しています。
Voin Pahoin is an art collective dedicated to fostering a community.
We open our flat to the public on the fourth Saturday of every month
- transforming it into a makeshift art salon.
Top




November, 2007
November 24, 2007
西野正将
Masanobu Nishino

f0148545_013653.jpg
©Masanobu Nishino


住民が不在のときにこっそりと会場の下見に来たルームジャッカー・西野正将さん。「お邪魔しました」という小さなメモが三島由紀夫著「若きサムライのために」に挟まれ、空っぽのペットボトルが残されていました。そして西野さんのルームジャック作戦は謎のまま、当日を迎えました。またこの日は本間純さんと天野太郎さんに餃子を作って頂きました。

We invited an artist, Masanobu Nishino for the one-day residence this month. We couldn't set up a time for a site visit with him, so we gave him a key to our apartment. One evening, we found a note in a Mishima book, letting us know that he had been here. But we had no idea about his installation plans until the day of VP. To cerebrate Nishino's residence, Jun Honma (artist), and Taro Amano (curator) kindly made delicious Chinese dumplings.


西野正将 Masanobu Nishino
 
f0148545_116175.jpgVPでは:
てぬぐいが部屋中に張り巡らされたインスタレーション作品を公開。これらのてぬぐい一枚一枚に、有名なアニメ・キャラクターを連想させる男の子の絵が手刷りされている。ドライヤーの熱風によって顔が消え、ドライヤーが停止するとまた顔が浮かび上がる。
その他、映像作品の上映とペインティングを展示。



1982 大分県生まれ
2001 大分県立芸術文化短期大学デザイン科卒業
2005 崇城大学芸術学部グラフィックデザインコース卒業
2007 東京芸術大学美術研究科先端芸術表現修士過程 修了

[主なグループ展]
2002「零のゼロ session1」アートプラザ、大分
   「零のゼロ session2」 アートプラザ、大分
2003「零のゼロ session 3」大分県立芸術会館 大分
   「予備軍-未来のグラフィックデザイナー展」ギャラリーC.スクウェア、名古屋
   「別府アジア現代絵画展」ビーコンプラザ、大分
   「DEMENAGE IV」カナダ.モントリオール
2004 個展「TARIKI-HONGAN」大分文化振興財団主催、大分県民ギャラリー、大分
   「河原町アートの日」河原町、熊本
   「MMAC: AIZU ART COLLEGE 2004」会津、福島
2005「第24回 Graphic一坪展」Guardian Garden、銀座、東京
   「Toride Art Project 2005 ”Open Studio”」取手、茨城
   「横浜トリエンナーレ2005 GANSOMAEDA“FLEA CIRCUS”」横浜、神奈川
   「Connect the dots」 (東京芸大取手校地、茨城)
2006 個展「Doubt」Yuka Sasahara Gallery、神楽坂、東京
   「Snow Fort06」(日比谷ギャラリー、東京)
   「旅するアート」福岡ミュージアム・シティー・プロジェクト主催、
     Gallery Artlier、福岡
   「アイドル!」横浜美術館、横浜、神奈川
2007「Project the Projectors 2007」取手市内各所、茨城
   「Art Award Tokyo」丸の内、東京
   「MIACA@LUX」、LUX、ロンドン
   「HANT」人形町VISION'S、東京



f0148545_1373577.jpg

f0148545_1331580.jpg

f0148545_1332682.jpg

f0148545_1333683.jpg

# by voinpahoin | 2007-11-20 20:09 | Archive




October, 2007
October 27, 2007
荒牧夕子
Yuko Aramaki

f0148545_0325596.jpg

©Yuko Aramaki


映像作家の荒牧夕子さんにルームジャックをお願いしました。荒牧さんは、異文化に対する勝手なイメージを、抜群のユーモアのセンスで、ジェスチャーや言葉に置き換え映像化していきます。今回のために制作された新作は、古い事務所スペースを利用した荒牧さんのアトリエで制作されたそうです。お邪魔してみたいです。当日は台風直撃で大雨・暴風となりましたが、たくさんの方にご来ヴォイン頂きました。


荒牧夕子 Yuko Aramaki
 
f0148545_1583234.jpgVPでは:インチキ日本文化シリーズ第1弾「KABUKI」を初公開。「あなたのイメージする歌舞伎を演じてください」との突拍子もない指示を受けカメラの前に立たされる白塗り・着物姿の出演者達が真摯に各自のイメージする歌舞伎を舞う。オリエンタル・ムービーも上映。(仮)NPOパニール(仮名称)による、インチキ・フォーチュン・クッキーの販売も行う。




栃木県宇都宮市生まれ
2001
Bard College 卒業 Film and Electronic Arts 専攻
2005
日本大学芸術学研究科修士課程修了 映画専攻
映画祭上映「VIDFEST International Video and Film Festival」
(ニューアート美術館、デトロイト)
映画祭上映「非常独立電影展」(イメージフォーラム、東京)
映画祭上映「Brooklyn Underground Film Festival」(ニューヨーク)
オープンスタジオ(北京)
Red Gate Artist In Residence(北京)にて滞在制作を行う
2006
「週末芸術vol.2」(HAT、宇都宮)
2001
グループ展・映画祭上映「New Films」(Weis Cinema、ニューヨーク)

www.yukoaramaki.com



Born in Tochigi, Japan

Education
2005 M.A., Nihon University Graduate School of Art, Tokyo
2001 B.A., Bard College, New York

Solo Show
2007 Voin Pahoin, Yokohama, Japan
2006 Weekend Art in Utsunomiya vol.2, HAT, Tochigi Japan

Selected Group Shows and Film Festivals
2005 Open Studio, Red Gate Studio, Beijing
2005 Brooklyn Underground Film Festival, New York
2005 Ultra Independent Cinema, Image Forum Theater, Tokyo
2001 New Films, Weis Cinema, New York

Artist in Residence
2005 Red Gate Gallery A.I.R. Program, Beijing

Public Collections
Museum of New Art, Detroit


f0148545_21335.jpg
f0148545_213162.jpg
f0148545_2132549.jpg

# by voinpahoin | 2007-11-01 00:35 | Archive




September, 2007
September 22, 2007
飯川雄大
Takehiro Iikawa

f0148545_23101816.jpg

©Takehiro Iikawa


「時間」をテーマに制作活動をされている飯川さん。ヴォインでのテーマは時間泥棒でした。現代社会では一分一秒と標準化され客観的に扱われている時間は、そんなに単純な言葉で片付けられるものなのでしょうか。飯川さんは高校時代に、周りの人の協力を得て、友達の時間を盗んだことがあるそうです。時計の針を数時間もどすのですが、全てを用意周到に計画したため早朝と深夜がひっくり返ってもそのお友達は気がつかなかったとのことでした。私たちは、飯川さんの横浜でのいたずらで、身近にあるものへの視点が少しずれ、慣れっこだったことに新しい発見をしました。


Takehiro Iikawa works with the concept of time in his work. For his residence at Voin Pahoin, he warned us that he is going to steal time. How could he? We all know that time is objectified and standardized into a hour, minute and second. But still... how? Once, he told us his success story in his stealing-time business. When he was a high school student, he rewound his friend's watch for several hours. Everything was planned out so perfectly that his friend didn't even realize that the day and night were reversed. He made rather small tricks to us, but effectively confused our sense of time and shifted the way we see the everyday life.

f0148545_0403537.jpg


ルーム・ジャッカー:
飯川雄大
Takehiro Iikawa
Take's website


menu of the month
湘南ライス定食R、すじだいこん、ゆで豚、ボイン餃子、まぐろゆっけ
ふわふわにら玉、ねぎ焼、冷やしトマト、青菜の煮びたし、大根サラダ
自家製ピクルス、韓国のり、半熟煮卵、にぎりめし、にぎりめし茶漬け
dosköiプリン、雪女ジュース

# by voinpahoin | 2007-09-27 00:30 | Archive




August 2007
August 25, 2007
堀尾貞治
Sadaharu Horio

f0148545_1911046.jpg

新井様
平野様
大岩様

料理うまかったです
昨夜は大変たのしい
うれしい夜でした
いっぱいエネルギーもらいました
神戸に帰って今夜のこと
伝えておきます
大阪豊中の方で個展していてそこで
約束していることがあるのと最后のか
たづけもあるのですみません
勝手します 二〇〇七年八月二十六日朝 堀尾貞治
皆様によろしく


第4回ヴォイン・パホインでは、美術家の堀尾貞治さんから「お二人の住んではるところやから好きなようにして下さい」という温かいお言葉を頂き、堀尾さんのアイデア・スケッチと色塗りのお仕事をご紹介させて頂きました。神戸からヴォインのために来横下さった堀尾さん、ご来ヴォイン頂いたみなさま、本当にありがとうございました。「空気を見たいと思って、色を塗り始めました」という堀尾さんの言葉を胸に、これからもヴォイン・パホインは活動を続けて行きたいと思います。末永くよろしくお願いします。




Dear Mr. Arai, Ms. Hirano, Ms. Oiwa,

The food was so yummy.
Last night was great fun
and such a happy night
I received a lot of energy
When I return to Kobe
I will spread the words
I have a solo exhibition currently held in Toyonaka, Osaka, where
I have an appointment and which I have to deinstall
today. Please excuse me for
leaving without telling you Morning 26th, August 2007 Sadaharu Horio
Please send my best regards to everyone


We are delighted to have the artist, Mr. Sadaharu Horio for the 4th installment of Voin Pahoin. He let us borrow his sketchbooks filled with ideas and told us "please use them as you wish, because they will be shown in the space where you two live everyday." Sincere gratitude to Mr. Horio, who came all the way to Yokohama from Kobe for Voin Pahoin and to everyone who visited us August 25th, 2007! Mr. Horio's words are engraved in our heart: "I continue adding layers of color paints to objects everyday, out of my desire to see the air."


f0148545_1285040.jpg

ルーム・ジャッカー:堀尾貞治
Artist in One Day Residence:Sadaharu Horio




f0148545_1204363.jpg

menu of the month  湘南シーフードカリー定食、ジャンボン・ペルシエ・ド・サダハル、ボイン餃子、旅の手帖サラダ、キャベツとアンチョビのパスタ・コンキリエ、冷製ポモドーロそうめん、蒸し鶏サヴァナケット風、空芯菜炒め、自家製ピクルス、クレーム・ド・八月のおわり、dosköiプリン
# by voinpahoin | 2007-08-30 01:16 | Archive




Falling in Love with Mr. Horio
「堀尾さんに恋をした♡」
Falling in Love with Mr. Sadaharu Horio♡



「8月25日いけるように考えています」との絵葉書を頂き
堀尾さんにどうしても会いたくなって夜行バスに乗った。
f0148545_095241.jpg


ヴォイン・パホインを乗せて、青春ドリーム号23時東京出発

f0148545_149415.jpg


7時25分大阪着。ここから堀尾さんの住む兵庫へ。

f0148545_251755.jpg


スーパー銭湯で身を清め、生田神社参拝

f0148545_26717.jpg


緊張のあまり道に迷う

f0148545_275397.jpg


堀尾さん家発見

f0148545_2122451.jpg


夢の再会

f0148545_2193487.jpg


「あたりまえのこと」の現場

f0148545_18225829.jpg

# by voinpahoin | 2007-08-21 00:10




July 2007
July 28, 2007
保科晶子
Akiko Hoshina

f0148545_1654769.jpg
保科晶子 ぐるぐるまきプロジェクト「ふとん」「トイレ」/粘土/2007
Akiko Hoshina, Guru-Guru-Maki Project "Futon" "Toilet"/ clay / 2007

第3回ヴォイン・パホインは、造形作家の保科晶子さんによる <ぐるぐるまきプロジェクト> を公開しました。100kgの粘土がヴォインに搬入され、まず最初にトイレの水道管、タンク、床、そして最後に寝室の布団が巻かれました。また、保科さん初の試みとして、再生の過程で粘土が出す「音」を記録編集したサウンド作品が発表されました。保科さんのプロジェクトからインスピレーションを受けたVPメニューは「ゴロン包み焼きマルサラソース添え」「どろグラッセ・オ・カフェ」でした。ご来場下さった皆さま、五感で粘土をお楽しみ頂けましたでしょうか。またVP特製うちわをお持ち帰り頂いた皆さま、今年の夏のお供としてお使い頂ければ幸いです。




For the third installment of Voin Pahoin, artist Akiko Hoshina presented "Guru-Guru-Maki Project." 100 kg of clay was brought in to cover the water pipe, water tank and floor of the restroom, and also to cover the futon mattress in the bedroom. For the first time, Hoshina installed her sound work made with the sound of clay captured during the process of reviving. We hope you enjoyed clay with your 5 senses. Also we wish the VP original fans will give you nice breeze in the summer.




f0148545_16182220.jpgルーム・ジャッカー:保科晶子
Artist in One Day Residence:Akiko Hoshina
Akiko's Website


menu of the month  夏の夜のクスクス定食、ゴロン包み焼マルサラソース添え、ミケランジェロ煮、新じゃがとディルのカレー味ゴロン、トマトとモツァレラのアンティパスト、サラダ=ゴーギャン、生ハムとブロッコリのオレッケェティ、しらすピンチョス、深山農園の大地のポタージュ、自家製ピクルス、おとなのラムチーズクラッカー、どろグラッセ・オ・カフェ、dosköiどろグラッセ・オ・カフェ(2コ限定)、白雪姫ジュース


f0148545_2215121.jpgmenu of the month  
Midnight Summer Couscous Dinner, Goron-Wrap with Marsala Sauce, Michaelangelo's Stew, Curry Goron with Popato and Dill, Fresh Tomato & Mozzarella Cheese, Salad=Gauguin, prosciutto ham & broccori Pasta, Miyama Farm's Potato Soup, Small Sardine Pinchos, Homemade Pickles, Ram Cheese Cracker, muddy dosköi pudding, Snow White Shake







f0148545_15203178.jpg

# by voinpahoin | 2007-07-31 21:21 | Archive




June 2007
June 23, 2007
新井卓 x 木村絵理子 
Takashi Arai x Eriko Kimura

f0148545_235133.jpg

 
新井卓「部屋オブスクラ#1 - Voin Pahoin」/レンズ、ベニヤ/2007
Takashi Arai, Heya-Obscura (Camera Obscura) #1 - Voin Pahoin/lens, plywood/2007



住居という空間で試してみたいプロジェクトがあるとの新井さんの提案を受け、ぜひにとルームジャックをお願いしました。8時間の展示時間を含め合計3週間ほど新井さんの作品«ルームオブスクラ»内で生活しました。光の強い時間帯は密閉された部屋から、外を歩く人の動きまでも観察することができました。布団に寝転がって天井を眺め映像にシンクロする外の音を聞いていると、内と外の境界がなくなるような、不思議な感覚を覚えました。


The context of Voin Pahoin seemed to work perfectly for Takashi Arai's project plan to create a room size camera obscra. Including the 8 hours of the exhibition, we spent a total of 3 weeks living in Arai's "room obscura." Laying down on the bed, we enjoyed an image of the street projected in the ceiling accompanied by the realtime noise coming from the outside. Although we were in an isolated black box without any light coming from outside, the work made us feel the presence of and relationship with the outside.


f0148545_12123477.jpg


新井卓/Takashi Arai
left:「mirror I」, タイプCプリント/ mirror I, C-Print, 19x22cm, 2004
right : 「12月10日の窓からの眺め、15時3分から 23分まで」, ダゲレオタイプ/
          view from my window 10.Dec. 15:03-15:23, Daguerreotype, 6x4.5cm, 2006
 

新井卓 Takashi Arai
 
f0148545_1863889.jpgVPでは:部屋サイズのカメラオブスクラを設置。小部屋を完全に遮光し小さな穴から光を取り込む。イメージはレンズで拡大され太陽の動きに従い部屋の様々な場所に映し出される。その他、ダゲレオタイプやポートレートのシリーズなどの作品をキッチンと大部屋で展示。作家がレジデンスを行った横浜美術館の学芸員・木村絵理子氏との対談を行った。
At VP: installed a room-size camera obscura. Light was completely shut out except a pinhole from which the light came through to portray the image of outside. The image appeared in different spots in the room according to the angle of the Sun. A cross-talk was held with Eriko Kimura, curator at Yokohama Museum of Art, where Arai did a artist residence in 2006.


1978年、川崎市生まれ。ものの表面や映り込み、人々のまなざしなどに注目した写真作品に加え、最近では写真黎明期の技法・ダゲレオタイプを独自に研究、再現し、同技法によるポートレイトのシリーズを制作している。2006年夏の横浜美術館アーティスト・イン・ミュージアム(AIMY)では、関内のスタジオ・スペースに滞在し、友人・知人のほか会期中に出会った人々と対話を図りながら、ダゲレオタイプにおさめていく公開制作と展示を行った。




f0148545_042932.jpgmenu of the month江ノ島エビカレー定食、ミケランジェロ煮、ユリシーズ焼、やりいかとズッキーニのポワレ地中海風、たこのカルパチョ・レモン風味、産直トマトとモツァレラのアンティパスト、鶏ささみとセロリのシトラス・サラダ、しらすピンチョス、バゲット、自家製ピクルス、おとなのラムチーズクラッカー、やまだちぐの今月のドルチェ、dosköiプリン(5コ限定)

menu of the month Enoshima Shrimp Curry Dinner, Michelangelo’s Stew, Ulyssesed Lamb, Mediterranean Calamary & Zuccini, Octopus Salad, Fresh Tomato & Mozzarella Cheese, Chicken and Citrus Salad, Small Sardine Pinchos, Homemade Pickles, Ram Cheese Cracker, Chigu’s Dolce, dosköi pudding
# by voinpahoin | 2007-06-30 16:00 | Archive




May 2007
May 26, 2007
田添かおり + 栗原元 
Kaori Tazoe + Gen Kurihara

f0148545_1204491.jpg
left : 栗原元(左から)「Tiny Muver Series」より"ロボ" "ジョージ", 「無題」「無題」 /
Gen Kurihara, (from left) From The Muver Series - "Robo" "George", Untitled, Untitled
right : 田添かおり「explosion」 / Kaori Tazoe, explosion
 


オープニングを記念して、ヴォイン・パホインの空間コーディネートをてがけた2人の美術家・田添かおりさんと栗原元さんに作品紹介をお願いしました。作品が展示されたことで自宅が緊張感溢れる空間に生まれ変わり、そこに人が集うことに刺激を感じました。こんな小さなアパートに約50人の方にお集り頂き、人が巻き起こすエネルギーに元気をもらいました。

We invited artists, Kaori Tazoe and Gen Kurihara to our one day residence to cerebrate the opening of Voin Pahoin. The artworks turned our usual home into a space with comfortable tension. Having about 50 people over at our apartment was such a lively, exciting experience. We all felt good vibes.


田添かおり Kaori Tazoe
 
f0148545_1722054.jpgVPでは:日本未公開の新作シリーズ«explosion»を発表。ニューヨークの住宅街で静かに爆発が起こる映像作品と、爆発シーンが革ハギレに型押しされた作品からなる本シリーズは、2006年NYのLocation Oneにて制作された。消費社会におけるメディアの力と経済問題の複雑な関係がシンプルに表れる。その他、現地での制作・生活やACCの助成について、裏事情も含めたトークを開催。


At VP: Tazoe introduced her latest body of work "explosion." It is a series of works composed of two elements: an video work where scenes of explosions bought through the internet are inserted into usual New York city scape, and randomly shaped small pieces of leather that are also bought through the internet. This time, the scenes of explosions are pushed onto the surface. This particular body of work was completed during Tazoe's residence at Location One, New York in 2006. It presents the complexity of media power and economical problems that we face in this society of consumerism. Tazoe also gave a report on her residency at Location One supported by ACC grant, backstage details included.


1970    横浜市に生まれる。
1993    大塚テキスタイルデザイン専門学校卒業
1992    舞台美術、衣装などを制作、グループ展企画、参加を行う
1995    制作ユニット「SUIT」を伊東純子と結成
 |     舞台衣装制作、パーフォーマンス、
2002    DM式発表形態の「SUIT ポストカードシリーズ」等を行う
2001~   オルタナティブスペース「スクラッチタイル」(横浜)を水島大介と設立
       「SCRATCH TILE Screening+Lecture Series」を進行中
2005    横浜トリエンナーレ2005「アートサーカス」出品
2006    Asian Cultural Council助成にてLocation Oneレジデンスプログラム参加


1970   Born in Yokohama, Japan
1993   Graduated from the Otsuka textile design vocational school
1992   Began producing works of stage art & costume and group exhibitions.
2001-    Established the alternative art space "SCRATCH TILE" with Daisuke          Mizushima. Organizing "SCRATCH TILE Screening + Lecture Series"
2005   YOKOHAMA Triennale of Contemporary Art, Japan, 2005
2006   "ACC fellowship award" residency program at Location One



栗原 元 Gen Kurihara
 
f0148545_17315459.jpgVPでは:«Tiny Muver»シリーズより«ロボ»«ジョージ»、また絵画作品を2点展示。てのひらに収まるサイズ、立体要素を持ちながらも壁面展示されるのが共通の要素。«Tiny Muver»シリーズは、立方体の上で、ロボットとお猿のジョージが崩れ落ちては立ち上がるという運動を繰り返す。小さなステージの出来事は、ズームイン・アウトで展開する栗原の4コマ漫画のテンポを彷彿させる。


At VP: Kurihara presented "robo," "goerge" from the "Tiny Muver" series, and two small size paintings. All of them are commonly in the size, which comfortably fits in two hands, and meant to be installed on the wall regardless of its sculptural elements. For example, "Tiny Muver" series is made of a cube box, on which a small toy robot or monkey stands. The toy is timed to collapse and stand back up in an regular interval. The work appears as a small stage coming off of the wall, and it resembles the tempo of the artist's 4 frame comic, in which the story begins and ends as the viewpoint simply zooms in and out of the scene portrayed.


1965   和歌山県に生まれる。
1988   B-semischooling System入所
2001   個展「中村シリーズ&Tiny Muver」展(ギャラリー現、銀座)
      個展「Kurihara Gen Exhibition」展(ギャラリー21+葉、銀座)
2003-6  鈴木達也企画第1弾〜10弾参加 (大津ギャラリー、横浜)
2003   「Shinxus★Multiple」展 (ギャラリーTEZZ、麻布)
2004   開発好明企画「時計じかけの夏みかん」展(ギャラリーなつか、銀座)
2007   DEBLI PROJECT (ギャラリールデコ、渋谷)
      「frame out」展(セブンポイント、大分市)



menu of the month 湘南ライス定食、黒豚ピカソ煮、セロリと鶏ささみのアンダルチア風サラダ、ゴーヤ基地チャンプルー、空芯菜炒めベトナム風、ほっとツナさんど、えびとにんにくの熱々タパス、アサリ潮ムシ、しらすピンチョス、冷やしトマト、バゲット、えびせん、ラムチーズクラッカー、dosköiプリン(5コ限定)、マンゴー白玉

menu of the month Shonan Chicken Rice Dinner, Stewed Pork by Picasso, Andalusia Celery & Chicken Salad, Goya chanpuru, Vietnamese Fried Vegetable, Hot Tuna Sandwich, Garlic Shrimp Tapas, Steamed Clam, Young Sardine Pinchos, Chilled Tomatoes, Ebisen, Ram Cheese on Crackers, dosköi pudding, Mango Shiratama
# by voinpahoin | 2007-05-31 16:28 | Archive




What's Voin Pahoin?
f0148545_16431741.jpg

横浜を拠点に活動するアート・コレクティブです。個人の輪から広がるネットワーク作りを目指し、人が集う「場」創りを行っています。複数人で構成されるヴォイン・パホインは、個人が持つ様々なアイデアをひとつのコンセプトとしてまとめるのではなく、対話を通して発生する流れ、その場の状況に臨機応変にプロジェクトを展開しています。

Voin Pahoin is an art collective based in Yokohama, Japan.
With an aim to facilitate / create networks of creative individuals, we propose various situations where people meet casually.
Voin Pahoin is comprised of several members. We do not try to have one definite voice as a collective, but to remain sensitive to the flow of ideas and utilize each other's ideas and skills to develop projects.


f0148545_16443077.jpg

主な活動に、月に一度の自宅開放があります。ここでは「ルームジャック」と称し、各回異なるアーティストが部屋を占領し、8時間限定の展示を行います。私たちホストはホームパーティーを企画、様々なきっかけでヴォイン・パホインと関わりを持った方々を招待します。現在ヴォイン・パホインからの招待状は約300人に送信されています。当日はルームジャックの成果と制作者本人によるカジュアルなトークを開催、その他にも飲み物と軽食を提供し、多くのアイデアが交わされるくつろぎの空間作りを目指しています。会場は、ヴォイン・パホインのオープン以外の日は、通常の住居として機能しています。

The monthly open house is the core project of Voin Pahoin. Every time we invite an artist to our "one-day residence," and let him/her occupy our apartment, which results in an 8-hour long exhibition. We, the hosts, organize a home party for everyone whom we met through various occasions. Now our e-mail invitation is sent to about 300 people listed on our mailing list. At the party, we present the result of the one-day residence, host a casual talk by the artist in residence, and serve foods & drinks to create a relaxing environment to facilitate exchanges of ideas. The apartment functions as our home except the opening day of Voin Pahoin on Fourth Saturday of every month.

f0148545_16452826.jpg

また出張ヴォインとして、2007年9月より茨城県守谷市にあるアーカススタジオで古いお釜を使ったコミュニティ・プロジェクトを行っています。

With a generous invitation from ARCUS Studios in Ibaraki, Voin Pahoin is also running a community project, titled "Memory of a Pot" in Moriya City, Ibarakai since September 2007.


住所・アクセス、その他詳細はvoinpahoin@gmail.comまで。
ヴォイン・パホインにてお会いできるのを心よりお待ちしています。
住民(平野真弓、大岩久美)より

For directions to VP and more details, please contact us at
voinpahoin@gmail.com

We look forward to meeting you at Voin Pahoin!
From VP residents: Mayumi Hirano, Kumi Oiwa
# by voinpahoin | 2007-04-26 16:00 | What's Voin Pahoin?
 Previous Page Next Page 



We love you.
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31